otomeguの定点観測所(再開)

文芸評論・文化評論・思想・社会科・国語表現・性文化・スポーツ観戦・科学・飲み食い・与太話 【一部、性的に過激で頭のおかしな記事があります】

2017夏の甲子園 日大山形

またかなり更新の間が空いてしまいました。多忙な日が続いているので、安定した更新がなかなか難しいかもしれませんが、飽かずお付き合いいただければ幸いです。じっくりテキストの想を練っているパワーもあまりないので、しばらくは軽めのテキストが続くと…

融けゆくGゼロの世界⇒ドイツ

サミットそしてG20と、トランプ米大統領の国際秩序を無視した振る舞いは非常に気まずいものでした。そして、トランプだけでなくドイツのメルケルも西側の同盟の終焉を告げるような発言や行動を続ける中、アメリカ・ヨーロッパの外交は歴史的な転換点を迎…

モンテ⇒気が付いたらまた泥沼に・・・

5・6月と、モンテは守備ブロックを堅固に構築して失点を抑え、順調に順位を上げていました。しかし、過去のモンテの歴史を振り返ると、ここでうまく乗っていけずにぼろを出してしまうもの。今年はそうならないことを期待していたのですが、いつもの姿に戻…

『ソヴィエト・ファンタスチカの歴史』レビュー

ソ連・ロシア・東欧SFは専門外ですが、久しぶりにこの手の書籍が出てきたので、面白そうだと思って手にとってみました。

蒼の彼方のフォーリズムEXTRA1 感想

先月末、『あおかな』のFDであるEXTRA1が発売されました。はよZWEIを出せ! 乾ちゃんを攻略したい! という欲望は一旦置いといて、とりあえず今回は真白の甘々ルートを愉しむのが吉です。 www.youtube.com www.youtube.com

やはり勝つ気がなかった自民党

東京都議選が終わり、事前の予測通り、都民ファーストの大勝、自民党の歴史的大敗という結果になりました。これで小池都政が信任を得た形になり、当面は強力な基盤をもとに都政を進めることになります。

融けゆくGゼロの世界⇒イギリス

久しぶりに政治のテキストも書いてみましょうか。最近の各国首脳の振舞いについて軽くおちょくってみたいと思います。まずはイギリスから。

リトアカ・ID-0感想⇒ワイドスクリーンバロックとはならず・・・

今期は注目アニメがいろいろありましたが、先日の日曜夜に『リトアカ』『ID-0』の2作が最終回でした。遅ればせですが、否定的な評価も含めて感想を記してみます。

モンテ大敗とPO制度変更

5月以降負けなしだったモンテですが、先日、ホームの徳島戦で大敗を喫しました。

2017陸上・日本選手権の雑感

さて、こちらもブログ更新をさぼっている間に終わっていた、陸上の日本選手権。簡単ではありますが、雑感をまとめてみます。

2017宝塚記念

いろいろ遅ればせですが、スポーツ系とか政治のこととか、コメントをつけておいたほうがいいことがいくつか溜まってしまいました。相変らず多忙のため、なかなかテキストをまとめる時間が取れないのですが。 とりあえず、先日のスポーツに関するテキスト、最…

気が付いたら好調に&いまだ泥沼・・・

しばらくモンテとエルフェンのウォッチングをさぼっていましたが、この辺で状況をまとめてみたいと思います。

ヒアリとアルゼンチンアリ

既報ですが、ヒアリが侵入したということで大騒ぎになっていますね。

マリーンズの魚まとめ

口直しにマリーンズの新キャラ・魚に関する反応で気になったものをまとめてみました。

負けに等しいドロー

予想通り、厳しい試合になりましたね。最終調整として適切だったのかどうかよくわからないシリア戦を経て、報道だけ見ていると課題が修正されているのかいないのかよく分からず、いつものもやもやとした状態で臨んだイラク戦。そして、いつものもやもやとし…

『リトルウィッチアカデミア』22話感想

これまた遅ればせですが、『リトルウィッチアカデミア』22話についてのテキストを挙げてみたいと思います。

キュアパルフェ

では、毎度の遅ればせの反応になりますが、アニメ関連の短いテキストをいくつか雑駁に上げていきます。

またもフラストレーションのたまる試合を・・・

どうしてこのチームはスカッとサポーターを満足させてくれないんでしょうねえ。既報の通りですが、W杯最終予選前の調整試合であるシリア戦、ホームであるにもかかわらずドローに終わり、もやもやとした感情を抱えたままイラク戦に臨むことになりました。

『複数性のエコロジー』レビュー??

現代思想系のテキストが続きます。今回は、昨年刊行されたこちらの書籍のレビューに参りましょう。 複数性のエコロジー 人間ならざるものの環境哲学 作者: 篠原雅武 出版社/メーカー: 以文社 発売日: 2016/12/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る

肯定的&否定的レビュー『現象学のパースペクティヴ』

多忙やら体調を崩したのやらが重なって、久しぶりの更新になってしまいました。なかなかコンスタントな更新ができませんね、うーむ。場末もいいところのブログでございますが、飽かずお付き合いいただければ幸いです。 今回は久しぶりの現代思想系のテキスト…

ゾンビ・パラサイト⇒映像集めてみた

この本のタイトルである「ゾンビ・パラサイト」とは、寄生生物がホストの体を乗っ取りゾンビ化する能力、パラサイト・マニピュレーション(parasitic manipulation)のことです。というわけで、ホストが操られている愉快な映像を集めてみました。食事中の方…

『下校時刻にヤりました。』短評

タイトルからして不審な気配が濃厚です。今回のテキストは小児性愛的な趣向がたっぷり含まれたテキストです。そのため、その手の趣向を許容できない方はこの先をお読みにならないようお願いします。

おお、J3の影が・・・&引き続き、きっついです

こちらも既報ですが、モンテディオがホームでグランパスと引き分けました。

フルマラソン・サブ2の夢

既報ですが、先日、フルマラソン2時間突破という人類の夢をかけたチャレンジが行われました。

稲作の広がり

縄文時代の稲作の広がりについて、雑駁ですがまとめてみます。伝聞のつぎはぎのようなものですが、何卒ご容赦ください。

ドレイクの方程式を生物学的にシビア(??)に計算してみた

先ほどの記事にかぶせる形で恐縮ですが、もう少しお付き合いください。ドレイクの方程式に関する天文学者などによる計算では、生命の発生については極めて楽観的な見通しがとられることが多いです。しかし、中立進化説をシビアに採用して再計算するとどうな…

ドレイクの方程式を素人ながらに計算してみた

今日、たまたまテレビで久しぶりにドレイクの方程式を見たので、素人ながら計算してブログの記事にすることにしました。科学的な整合性は保証できないので、何卒ご容赦ください。 ガリレオX|テレビ番組|ワック

Sato Wines⇒ニュージーランドワイン

昨年来、オセアニアのワインをいろいろ飲んでおります。オーストラリアのワインについてはテキスト化したことがありますが、ニュージーランドのワインもなかなかいけるので、ここでテキスト化してみたいと思います。

2017SFセミナーレポート⑦ その他いくつか

SFセミナーレポートもラスト。残りの細かいことについて、雑駁ですが記しておきます。

2017SFセミナーレポート⑥ 《ナイトランド》&岡和田晃新刊~アトリエサード関連

続きましては、岡和田晃さんとアトリエサードの皆さんの関連の合宿企画です。久しぶりに姿を拝見した永瀬唯さんもいらっしゃって、大いに盛り上がりました。

2017SFセミナーレポート⑤ センス・オブ・ジェンダー賞2016第1次選考会

どんどんいきましょう。続いてはSFセミナーの合宿企画では毎度おなじみ、SOG賞の第1次選考会です。このパネルにはもう10年以上も顔を出しているなあ。今年はなりゆきで書記をすることになってしまいました。

2017SFセミナーレポート④ 辻真先インタビュー

書けるうちにどんどんいきましょう。続いて本会企画の辻真先インタビューです。司会は日下三蔵さんでした。

2017SFセミナーレポート③ シミズ・ドリーム 海洋未来都市プロジェクト

続いては、清水建設の「海洋未来都市プロジェクト」についてのレポートです。SFというよりはサイエンスカフェのようなパネルでした。

2017SFセミナーレポート② クラークの世紀を語ろう!

それでは、SFセミナーの企画レポートに参りましょう。まずはアーサー・C・クラークのパネルのレポートからいきます。

2017SFセミナーレポート① 帰還しました

先ほどSFセミナーより帰還いたしました。ほとんど寝ないで話し込んでいたため、家に帰ってから少々仮眠をとってしまいましたが。

外来種コントロール事例?⇒オオモンシロチョウ

先日、久しぶりに外来種に関するテキストを挙げましたが、それに絡んで、現在の日本で進行しているらしい外来種侵入に対する在来種の抵抗(?)、数のコントロール(?)の事例(??)を紹介してみたいと思います。

4月の長距離・マラソンの話題まとめ&感想

しばらくご無沙汰している間にマラソン・長距離関連でいろいろと話題になった報道があったので、箇条書きのような形式で恐縮ですが、まとめてテキスト化します。

在来種という概念など犬に食わせろ

過激な表題から入った気がしますが、まあいいでしょう。本来、もっと前にレビューするべきだった本ですが、すっかり遅くなってしまいました。昨年来、旧来の外来種や在来種保護という概念に対して疑問を投げかける科学ノンフィクションがいくつか発売されて…

リトルウィッチアカデミアのシュールストレミングパイ

多忙と体調不良が重なり、すっかり更新の間が空いてしまいました。場末もいいところのブログですが、飽かずお付き合いいただければ幸いです。今回は久しぶりのアニメについてのテキストです。

モンテ&エルフェンの現状

新年度に入りましたが、いろいろ仕事が忙しくて相変らず安定した更新のできない状況です。書評とかいろいろ書いておきたいこともあるのですが。ぽつぽつ更新していきますので、飽かずお付き合いただければ幸いです。

UAE戦・タイ戦を終えて

毎度毎度の遅ればせですが、サッカー日本代表がUAE戦・タイ戦を終えましたので、雑駁に感想をまとめてみたいと思います。

2017世界陸上・男女マラソン代表

さて、極私的回顧を進めるためにしばらくスポーツ系のテキストをお休みしていたので、ここからスポーツ系のテキストをいくつか続けます。いまさら感がある話題ばかりになってしまいますが、ご容赦いただければ幸いです。

2016極私的回顧その24 科学ノンフィクション

極私的回顧もオーラスです。ここまでお付き合いいただき、どうもありがとうございました。今回の科学ノンフィクションについては、ジャンル全体を俯瞰するのが難しいため、ベスト5の感想のみにとどめております。また、いつものお断りですが、テキスト作成…

2016極私的回顧その23 ホラー・怪奇

極私的回顧23弾はホラー・怪奇。いよいよラスト前です。読んだ作品数が少ないので、内外の作品を混ぜて配しております。また、いつものお断りですが、テキスト作成のために『SFが読みたい』およびamazonほか各種レビューを参照しております。

2016極私的回顧その22 幻想文学

では、極私的回顧22弾、幻想文学に参りましょう。SF・ファンタジー系の作品の中でも文学性が髙いと思ったものを主に配しております。作品数が少ないので、内外の作品を取り混ぜて扱っております。また、いつものお断りですが、テキスト作成のために『S…

2016極私的回顧その21 ファンタジー(国内)

極私的回顧20弾は国内のファンタジーです。海外ファンタジー同様、ジャンル・ファンタジーに属すると判断したアダルト・ファンタジーおよび児童文学のファンタジーについてまとめています。ライトノベルのファンタジーについてはライトノベルの項目をご参照…

2016極私的回顧その20 ファンタジー(海外)

極私的回顧第20弾はファンタジー小説(海外)です。ジャンルSFに関連する作品のうち私がアダルト・ファンタジーに属するとみなしたもの、および児童文学のファンタジーについてまとめています。また、いつものお断りですが、テキスト作成のために『SF…

2016極私的回顧その19 SF(国内)

続いては国内SFについてまとめていきます。SFにジャンル分けできるものでも、作品によっては近接ジャンルのファンタジー・幻想文学などに配置している場合があります。また、いつものお断りですが、テキスト作成のために『SFが読みたい』およびamazon…

2016極私的回顧その18 SF(海外)

極私的回顧もようやく本丸、ジャンル濃度の最も高いSFに入ってきました。まずは海外SFからまとめていきます。作品によっては近接ジャンルのファンタジー・幻想文学などに配置しているものもあります。あと少しなので、飽かずお付き合いいただければ幸い…

2016極私的回顧その17 アート

極私的回顧第17弾はアートです。思想・評論同様、ベスト5ではなく、私が個人的に関心のあった話題について雑駁にまとめております。