読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

otomeguの定点観測所(再開)

文芸評論・文化評論・思想・社会科・国語表現・性文化・スポーツ観戦・科学・飲み食い・与太話 【一部、性的に過激で頭のおかしな記事があります】

そうはいってもやはり外来種は駆除すべきである

先日の外来種関連のテキストとは異なる趣旨のタイトルのテキストになりますが、今回は、先日紹介した本とは別の見解を示した本について紹介したいと思います。外来種問題について考えることの難しさが分かるような気がします。 otomegu06.hateblo.jp 外来種…

まずは最低限の結果を出したことを喜びましょうよ

既報の通り、サッカー日本代表がアウェーのタイ戦に勝利しました。最終予選の初勝利ということで、もう少しお祝いコメントがあってもいい気もしますが、相変わらずしょぼい試合内容のため、マスコミもファンもかなり辛辣な受け止め方のようです。イライラす…

ホームで最低の試合・最悪のスタート

くそ野郎ども、ホームで最低の試合をしやがって。すみません、言葉が汚くなりましたが、あまりに情けない試合に怒りが止まりません。

外来種の駆除は不可能でありカネと時間の無駄である

さて、いきなり過激な表題から入りましたが、現在話題になっているこちらの科学ノンフィクションを読んでみました。外来種に対する私の考えが原理主義的に凝り固まっていたのかなと顧みるとともに、大いに知的興奮を覚えたエキサイティングな読書体験でした…

さあ、血で血を洗う戦いへ!

W杯最終予選のUAE、タイ戦を控え、最終予選のメンバーが発表になりました。恐らく、近年ないほどに厳しい戦いになると思われます。いよいよ来ましたね。サポーターの1人として、胸が高鳴るとともに、得体の知れない恐怖も感じています。

リオ五輪~マラソン・長距離弱小国・ニッポン~

多忙のため、しばらく更新が滞ってしまいました。まだ当面バタバタした日が続くため、安定した更新ができませんが、飽かずお付き合いいただければ幸いです。 既に皆さんの記憶の彼方の事象かもしれませんが、とりあえずリオ五輪の総括を今さらながらにしてみ…

ジョン・ハート『終わりなき道』短評

久々にきましたね、ジョン・ハートの最新作。『アイアン・ハウス』以来4年ぶりの新作ですが、今回もなかなか面白かったです。

モンテディオ山形~戦い続ける気持ち~

一昨日のモンテの試合についてのテキストですが。うーん、最近、モンテのことを考える時が重くて気が重くて・・・。また勝てませんでした。

海堂尊『ポーラースター ゲバラ覚醒』短評

〈チーム・バチスタ〉で知られた海堂尊の新刊が出ていましたね。知人から評価を聞かれていたのでテキスト化します。以下、批判になるので未読の方はご注意ください。

東山彰良『罪の終わり』短評

昨年、『流』で直木賞を受賞した東山彰良が『ブラックライダー』の前日譚を発表しました。ポスト・アポカリプスものの佳作です。

シン・ゴジラ短評~庵野も丸くなってしまったもんだ~

かなり遅くなりましたが、やっと観る機会を作れたので観てきました。ここから少し、しばらくおろそかにしていた書評や映像作品の感想を並べていきたいと思います。本来、このブログはそうした評論が中心のはずですよね。すみません。 シン・ゴジラの感想はシ…

リオ五輪~女子マラソン~

先ほど、リオ五輪の女子マラソンが終わりました。結果については皆さんご存知かと思いますが、個人的な感想をざっとまとめてみたいと思います。

リオ五輪~陸上・男子10000m~

リオ五輪の陸上・男子10000mは五輪史上最もハイペースなレースの1つになりましたが、モハメド・ファラーがラスト100mからのスパートで快勝し、見事に五輪10000m連覇を達成しました。

William Henley Knoles/Clyde Allison

先月の日本SF大会・いせしまこんで小谷真理さんから聞いて、しばらく気になっていたネタの調べがついたので、念のためテキスト化してご報告します。非常にマイナーなネタなのでご注意ください。

リオ五輪~女子10000m世界新記録&男子20キロ競歩~

スポーツ関連のテキストばかり続いて恐縮ですが、リオ五輪の陸上競技についていくつか触れていきます。

リオ五輪~サッカー・スウェーデン戦~ およびモンテ近況

数日遅れになりましたが、リオ五輪・男子サッカーのスウェーデン戦およびモンテディオの近況についてテキスト化します。

日本セブンス、ニュージーランドを撃破!

連日、マスコミはリオ五輪のメダルラッシュなる事象で盛り上がっています。ドーピングやら政情不安やらIOCの組織的問題やら、根幹となる事柄が全く報道されなくなるのは毎度の悪しき性癖ですねえ。アスリートたちが見せてくれるすがすがしいプレーは救い…

遅ればせながら、第17回翻訳百景ミニイベント「ファンタジーを徹底的に語ろう!」 への反応

かなり反応が遅れてしまいましたが、今年の5月にあった翻訳百景のミニイベント「ファンタジーを徹底的に語ろう!」 の採録ファイルを読みました。仕事の都合で行けなかったイベントなので、楽しみにしていたんですよね。今回はその感想に伴うテキストです。

リオ五輪サッカーとモンテと鶴岡東

スポーツ関連のテキストばかり続いて恐縮ですが、昨日からの私の関心領域のスポーツ事象をまとめてみたいと思います。

リオ五輪サッカー~実に無様な発進でした~

開会式に先駆けて行われたサッカー、日本VSナイジェリア。既報の通りですが、実に無様な試合でしたね。このところ代表選では頭にきてばかりですが、またその繰り返しでした。

鶴岡東・モンテ・エルフェン~8月の現状~

夏の甲子園の組み合わせが決まりましたね。そこも含めて、野球とサッカーの抱き合わせ記事で恐縮ですが、普段自分が応援しているチームの現状と雑感を手短にまとめてみたいと思います。

夏の甲子園~鶴岡東~

リオ五輪の脇でやや影が薄いかもしれませんが、もうすぐ夏の甲子園も開幕します。当ブログで野球ネタを取り上げることはほとんどないんですが、山形県勢が出てくる甲子園となれば、山形県人としては応援しないわけにはいきません。 今年は県大会連覇の偉業を…

もうすぐリオ五輪~ドーピング問題はどこへ行く?~

まもなくリオ五輪が開幕しますが、極私的に今回は全くわくわく感がありません。せめてドーピング問題でIOCが毅然たる態度を示してくれれば、盛り上がりようもあったと思うのですが。

東京都知事選~勝つ気あったのかなあ~

少し仕事に余裕が出てきたので、ぼちぼち更新していきたいと思います。安定して更新できるようになるにはもう少し時間がかかりますが、飽かずお付き合いいただけると幸いです。 さて、更新をさぼっていた間にいろいろ起きた事柄について、しばらく簡単ですが…

御伽ねこむ出産

しばらく多忙のため更新が途絶えていました。まだ当分は忙しいので更新が不安定になりますし、まとまったテキストをあげている余裕がなかなかないんですが、飽かずお付き合いいただければ幸いです。 さて、ニュースラインに御伽ねこむさんの出産のニュースが…

栃木マイクロブルワリー

では、昨日の続きということで、栃木マイクロブルワリーについてのテキストに参ります。

宮多麦酒

では、本日もブルワリーのテキストです。昨日のテキストでちょこっと触れた、宮多麦酒について書きたいと思います。

伊勢角屋麦酒

さて、お詫びの後は気を取り直して、いせしまこんの帰り、伊勢神宮にお参りした後に内宮の近くで立ち寄った、三重の地ビールの話をしたいと思います。

2016日本SF大会 いせしまこんレポートについてのお詫び

先日あげた「小さなお茶会 小谷真理」企画のレポートは、インターネット公開不可であることをきちんと確認せずに作成したものだったので、本日付で削除しました。確認不足で安易にテキスト化したことについて、深くお詫び申し上げます。 また、いくつか作成…

2016日本SF大会 いせしまこんレポート④~サイバーパンクの部屋~

いせしまこんレポート第4弾はサイバーパンクの部屋です。2002年以来、毎度顔を出している、私にとってはおなじみの企画です。パネラーはとりにてぃさん、巽孝之さん、小谷真理さん、菊地誠さんという、これまたいつものメンバーでした。

2016日本SF大会 いせしまこんレポート③~SF俳句を楽しもう~

では、いせしまこん企画レポート第3弾、「SF俳句を楽しもう」に参ります。ただし、私は普段、韻文では現代詩をある程度追っていますが、短歌・俳句については全くの素人です。そのため、鑑賞文などで無知をさらしたテキストであることをご承知おきくださ…

2016日本SF大会 いせしまこんレポート②~不健全図書50周年記念企画「都が選ぶこのエロマンガがエロい! 50th」~

では、いせしまこん企画レポート第1弾です。今回は、「不健全図書50周年記念企画『都が選ぶこのエロマンガがエロい! 50th』」についてのテキストです。表題からお察しのことと思いますが、性的に過激で偏ったことが記されると予想されます。ここから先をお…

2016参院選~予定調和的な結末~

皆さんご存知の通り、参院選は自民・公明の与党が圧勝し、おおさか維新も加えて改憲に必要な参議院の3分の2の議席を上回りました。事前の予想通りの、極めて予定調和的な、日本の将来にとって暗い結果となりました。

EURO2016~ポルトガル初優勝~ モンテについても少しだけ

既に皆さんご存知のことと思いますが、EURO2016はポルトガルの初優勝で幕を閉じました。

2016日本SF大会 いせしまこんレポート①~星雲賞&SOG賞~

先ほど、いせしまこんより帰ってまいりました。いろいろお相手いただいた巽孝之さん、小谷真理さん、タヤンディエー・ドゥニさん、増田まもるさん他、皆様、どうもありがとうございました。私が見た各企画のレポートはぼちぼちあげていきますので、飽かずお…

楽園追放サルベージ~アンジェラ・バルザックの潜勢力

前ブログで挙げていたテキストですが、気になっていたのでサルベージしておきます。某所で出ている同人誌のテキストそのままなんですが、パクリではありません。本日はこの後、日本SF大会のため伊勢に発ちます。次の更新は週明け11日の予定です。

EURO2016⇒フランス開催国優勝に王手

やはりビッグトーナメント連覇は至難の業なんですねえ。フランスがドイツを破り、16年ぶりのEURO決勝進出を決めました。

吉良知彦追悼・・・

まさか、この名前で追悼記事を書くことになるとは・・・。先月、森岡賢の追悼記事をあげましたが、2カ月続けて大好きなアーティストの訃報に接するとは思いませんでした。 otomegu06.hateblo.jp ファンタジーファンの私にとって、吉良さんは世界観の根幹を…

EURO2016⇒ポルトガル決勝進出 モンテディオは快勝

EURO2016もいよいよ大詰め。まず決勝に名乗りを上げたのはポルトガルでした。

あかざわRED『なまロリ♥』短評

いつもの遅ればせながら、表題作の感想にいってみましょう。タイトルでピンとくる方もいらっしゃるでしょうが、今回のテキストは性的に過激かつ小児性愛の成分の強いテキストでございます。まともな良識や社会性をお持ちの方が読めば不快感を覚えるはずです…

コペポーダとセレンテラジン

いきなりタイトルでこのカタカナ2つを出されても、「なんのこっちゃ?」とよく分からない方がほとんどだと思います。セレンテラジンとはルシフェリンと呼ばれる生物発光にかかわる物質の一種で、コペポーダとは甲殻類の一種のカイアシ類のことです。

EURO2016⇒アイスランドの進撃が終わる および昨日のモンテ

EURO2016は準々決勝最後の試合が行われ、フランスがアイスランドに圧勝しました。ここまであっと驚く進撃を見せてきたアイスランドでしたが、ついにその歩みが止まりました。

挨拶と上下関係と会社組織

日本の社会、特に会社において、挨拶をするということは、コミュニティ内における上下関係と深いかかわりを持っています。日本の会社における指導・伝達みたいになりますが、以下にこじつけの一例を示してみましょう。

EURO2016⇒死闘の末、ドイツ勝ち上がり

EURO2016の準々決勝はPK戦の9人目までもつれ込む死闘の末、ドイツが勝ち上がりました。恐らく今大会のベストゲームとなる試合でしょう。

参院選の争点⇒原発をどうすんの?

あと1週間ほどで参院選の投票日ですか。早いですね。当ブログでも参院選の争点についてはいくつかテキストをあげてきましたが、そういや原発について書いていなかったなーと思いまして、雑駁ですがまとめてみました。

EURO2016⇒ベルギーは必然の敗退 ASエルフェン埼玉⇒引き分け・・・

遅くなりましたが、EURO関連のテキストはウェールズVSベルギー戦、あとは今日試合のあったASエルフェン埼玉について触れておきます。

EURO2016⇒結論としては勝負強いポルトガル

EURO2016は準々決勝が始まりました。ポルトガルがポーランドをPK戦の末に下して、ベスト4に一番乗りです。勝負強いのか、中途半端なのか・・・。

《ナイトランド・クォータリー》vol.5 「アリス&クロード・アスキューと思弁的実在論/岡和田晃」への反応

前2つのテキストで思弁的実在論関連のサルベージが終わりましたので、毎度遅ればせで恐縮ですが、表題の岡和田晃論文への反応のテキストを書いていきたいと思います。

思弁的実在論関連サルベージ~《ナイトランド・クォータリー》vol.04 「ウィリアム・ホープ・ホジスンと思弁的実在論/岡和田晃」への反応

引き続き、4月に吹き飛ばした前ブログのテキストのうち、思弁的実在論関連のものをサルベージした再掲です。以前、今年のSFセミナーのレポートにも引用しているものですが、項目として独立させます。繰り返しで恐縮ですが、ご了承ください。なお、以下の…

思弁的実在論関連サルベージ~ハーマン批判テキスト~

この後書く記事への準備段階ということもあるんですが、4月に吹き飛ばした前ブログのテキストのうち、思弁的実在論関連のものをサルベージして再掲します。以前、今年のSFセミナーのレポートにも引用しているものですが、項目として独立させます。繰り返…