読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

otomeguの定点観測所(再開)

文芸評論・文化評論・思想・社会科・国語表現・性文化・スポーツ観戦・科学・飲み食い・与太話 【一部、性的に過激で頭のおかしな記事があります】

内容はひどいがとにかく勝ったので・・・

 既報の通り、日本代表が何とかイラクに勝ちました。マスコミは劇的勝利だなんだと騒いでいますが、内容は実にひどい試合でした。でも、W杯予選は結果が全てですから、とにかく勝ったことを喜びましょう。

 【改めて確認するが、日本はアジアの横綱ではない】

soccer.yahoo.co.jp

www.youtube.com

 この試合でも、日本代表はここ数年お決まりとなっているフラストレーションのたまるサッカーを繰り返しました。戦術が敵に研究され、代表メンバーの新陳代謝もなく、戦術のダイナミックな転換もなく、協会のバックアップもあてにならず。ピッチの上では本田が試合勘が戻っておらず、長谷部のキャプテンシーは今一つで、監督は感情的に喚き散らして、守備ブロックを固めた敵の守備を崩せそうな予感がしなくて、セットプレーから不要な失点をして。毎度のことながら、現在の日本代表が抱えるさまざまな問題点が分かりやすく表現されていました。自ら勝ち運をどぶに捨てて下降線を辿っているチームというのは、かくも悲惨なものなのですね。それでもなお勝ったのですから、今夜のところは苦い祝杯を挙げればいいと思います。

【セルジオ越後】「劇的」の影で、浮き彫りになった深刻な課題。中心選手が揃って90分間持たなくなっている | サッカーダイジェストWeb

金田喜稔がイラク戦を斬る! 「謎が深まるハリル采配。精彩を欠いた本田のプレーに違和感を覚えなかったのか?」 | サッカーダイジェストWeb

 内容面についてはいくらでもぶったたけますし、ハリルを批判するのも簡単です。そして、今の代表に対しては、彼らがどんなに圧勝したとしても楽観的な気分になることはできません。しかし、それでもサポーターとしてはチームを信じて応援するしかないんです。ここは批判したい気持ちをこらえて、次のオーストラリア戦に向けてエールを送るしかないと思います。

 この試合の収穫としては、山口蛍の決勝弾くらいですか。

web.gekisaka.jp

www.plus-blog.sportsnavi.com

 ドイツからこいつがのこのこ帰ってきたときはあきれ返りましたし、ハリルがこいつを選出したときも疑問符だらけでした。しかし、結果としてはハリルの起用が正解だったということですね。大変失礼いたしました。

 

 改めて確認しましょう。現在、アジアにおける日本のポジションは上から4・5番目くらいです。アジアの横綱ではなく、せいぜい張出大関くらいのレベルです。この最終予選は油断できる相手は一つもなく、全てのチームが日本と互角、もしくは日本より上の力を持っています。最終予選は勝ち点について血で血を洗う激しい戦いになっています。それでもなお、日本は全てのチームに勝利してW杯に出場する可能性を有するチームです。

 次は難敵・オーストラリアとアウェーでの戦いになります。現状の日本代表では120%の力を出しても勝てるかどうかわからない相手ですが、チャンスがないわけではありません。いいプレーは称賛し、悪いプレーには容赦なくブーイングを浴びせ、力の限りに我らが代表を応援しましょう。