読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

otomeguの定点観測所(再開)

文芸評論・文化評論・思想・社会科・国語表現・性文化・スポーツ観戦・科学・飲み食い・与太話 【一部、性的に過激で頭のおかしな記事があります】

2016極私的回顧その20 ファンタジー(海外)

極私的回顧 ファンタジー 幻想文学 ジュヴナイル SF 文学 テーブルゲーム ノベライズ

 極私的回顧第20弾はファンタジー小説(海外)です。ジャンルSFに関連する作品のうち私がアダルト・ファンタジーに属するとみなしたもの、および児童文学のファンタジーについてまとめています。また、いつものお断りですが、テキスト作成のために『SFが読みたい』およびamazonほか各種レビューを参照しております。

 【マイベスト5】 

SFが読みたい! 2017年版

SFが読みたい! 2017年版

 

 

 1、〈ウィザード・ナイト〉

ウィザードI (ウィザード・ナイト)

ウィザードI (ウィザード・ナイト)

 
ウィザードII (ウィザード・ナイト)

ウィザードII (ウィザード・ナイト)

 

 重厚な異世界観の漂うハイ・ファンタジーです。北欧神話ケルト神話ギリシャローマ神話、エッダ、アーサー王伝説キリスト教ユダヤ教、『指輪物語』、『ドン・キホーテ』、ユング元型など様々なモチーフを取り込んで構成された一大叙事詩であり、歴史物語として極上の出来栄えです。また、少年の成長を描いたビルドゥングスロマンにウルフならではの技巧と仕掛けを施すことで、重層的な構造を有した襞の深い物語になっています。

 

2、〈蒲公英王朝記〉 

 中華風のファンタジー世界を舞台にした武侠譚ですが、絹や竹や紙などの素材を用いた科学技術が発達した世界は作者曰く「シルクパンク」であり、有機的な工学描写はケン・リュウの見事なオリジナルです。また、物語は一人の英雄が成り上がるという古典的な王道であり、骨太な英雄譚を楽しむこともできます。

 

3、 トンネルズ&トロールズ完全版 

トンネルズ & トロールズ 完全版 アドベンチャー・コンペンディウム

トンネルズ & トロールズ 完全版 アドベンチャー・コンペンディウム

 
トンネルズ & トロールズ 完全版

トンネルズ & トロールズ 完全版

 

 TRPGは久しくプレイしていませんが、かつて親しんだ世界がトロールワールドとして再び開示され、TRPGにのめりこみ、ゲームブックを楽しみ、ファンタジー小説を読み漁っていた頃の、懐かしい思い出がよみがえってきました。どこかでプレイする機会を作りたいけど、なかなか難しいんだよなー。

otomegu06.hateblo.jp

カザンの闘技場 (現代教養文庫―T&Tソロ・アドベンチャー)

カザンの闘技場 (現代教養文庫―T&Tソロ・アドベンチャー)

 

  

ベア・ダンジョン (現代教養文庫―T&Tシリーズ)

ベア・ダンジョン (現代教養文庫―T&Tシリーズ)

 

 

4、囀る魚 

囀(さえず)る魚

囀(さえず)る魚

 

  本好きのためのエブリデイマジック・ファンタジーです。現実と虚構が混交された物語のを愉しむもよし。数々の名作への言及やオマージュを愉しむもよし。ジャーナリスト的な怜悧な視点を愉しむもよし。謎解きを愉しむもよし。227ページの中に数々のアイデアとガジェットとプロットが詰め込まれた、非常に密度の濃い作品です。

 

5、賢女ひきいる魔法の旅は 

賢女ひきいる魔法の旅は (児童書)

賢女ひきいる魔法の旅は (児童書)

 

  ダイアナ・ウィン・ジョーンズの絶筆を彼女の妹が完成させました。イギリスを4つの島国になぞらえた世界において、アップテンポで展開される冒険物語です。また、友情や成長や優しさなどのテーマが組み込まれていて、児童文学としては典型的なファンタジーであるといえます。DWJ特有のどんでん返しはありませんが、その分、落ち着いて読むことができます。DWJが持っていたイギリスへの愛があふれた小説ですが、EU離脱と分離独立に揺れる今のイギリスを、彼女は天国でどう思っているのでしょうか。

 

【2016年とりあえず総括】

 アダルト・ファンタジー、児童文学のファンタジーともに作柄は良好でした。サブジャンルで活発だったのは、まずハイ・ファンタジーです。全体には世界構築の緻密な作品が多かったという印象でした。 

魔人の地 (嵐の王1) (創元推理文庫)

魔人の地 (嵐の王1) (創元推理文庫)

 
第三の願い (嵐の王2) (創元推理文庫)

第三の願い (嵐の王2) (創元推理文庫)

 
伝説の都 (嵐の王3) (創元推理文庫)

伝説の都 (嵐の王3) (創元推理文庫)

 

 また、幻想文学との境界線上の作品にも『堆塵館』『魔法の夜』など秀作が多く、充実した印象でした。『魔法の夜』では、南コネチカットの一夜の夢が幻視されており、ファンタジー小説史上でも屈指の美しい情景とディテールが奏でられています。ただし、文学性が髙いと判断したため、『魔法の夜』の論評は幻想文学に回しております。 

堆塵館 (アイアマンガー三部作1) (アイアマンガー三部作 1)

堆塵館 (アイアマンガー三部作1) (アイアマンガー三部作 1)

 

 

魔法の夜

魔法の夜

 

  SFやミステリで活発なクラシックおよびネオ・クラシックの再評価の動きが、ついにファンタジーにも及んできました。まさか〈ナルニア〉の新訳が読める日が来るとは。かつての岩波版に比べて現代風で読みやすい訳文ですし、物語の時系列に沿って再構成してくれているので、現代の読者はこちらから〈ナルニア〉の世界に入ったほうが分かりやすいでしょう。

馬と少年 ナルニア国物語3 (古典新訳文庫)

馬と少年 ナルニア国物語3 (古典新訳文庫)

 
ライオンと魔女と衣装だんす ナルニア国物語2 (古典新訳文庫)

ライオンと魔女と衣装だんす ナルニア国物語2 (古典新訳文庫)

 
魔術師のおい ナルニア国物語 1 (古典新訳文庫)

魔術師のおい ナルニア国物語 1 (古典新訳文庫)