otomeguの定点観測所(再開)

文芸評論・文化評論・思想・社会科・国語表現・性文化・スポーツ観戦・科学・飲み食い・与太話 【一部、性的に過激で頭のおかしな記事があります】

またもフラストレーションのたまる試合を・・・

 どうしてこのチームはスカッとサポーターを満足させてくれないんでしょうねえ。既報の通りですが、W杯最終予選前の調整試合であるシリア戦、ホームであるにもかかわらずドローに終わり、もやもやとした感情を抱えたままイラク戦に臨むことになりました。

 

www.youtube.com

サッカー日本代表 - 日本vs.シリア - 試合経過 - スポーツナビ

 少し整理してみますか。

 

【課題及び心配な点】

・後半立ち上がりにまたも集中力が切れた。

・前線でFWが相変わらず孤立。中盤との連携がいまいち。

・身体能力の低さ。アジア相手にフィジカルで押されてどうする。

・ポゼッションの曖昧さ。主導権を握る気があったのか?

・本田、原口など主力組(??)のコンディションが不安定ではないのか。

・香川は大丈夫か?

・右サイドが機能していないこと。もっと上がれや、お前ら。

・相変わらずの決定力のなさ。まあこれは直るものではないですが。

 

【収穫となった点】

・ハリルの選手交代がまともだった。

・乾の調子がよさそうだ。

・井手口が使い物になった。

 

 とまあ、こんなところですかねえ。正直、難点を挙げればきりがないという出来。100点満点の30点くらいの出来ではないかと思います。本田はこのままインサイドハーフで使い続けるんでしょうか。まだ未知数という感じですね。イラク戦に向けては好材料があまり見つけられず、サポーターとしては欲求不満がたまるばかりの試合になりました。このチームはどうして相も変わらず中途半端なんだか。

 とはいえ、ここはあくまで前哨戦です。今回の内容を修正してイラク戦で勝てれば問題ないわけなので、次戦の結果が全てです。きっと次戦にきっちりピークを合わせてくれるものと信じて、見守りましょう。どうせ次戦も血で血を洗う戦いになるのですから、サポーターとしてはあらかじめ腹をくくっておけば済む話です。