otomeguの定点観測所(再開)

文芸評論・文化評論・思想・社会科・国語表現・性文化・スポーツ観戦・科学・飲み食い・与太話 【一部、性的に過激で頭のおかしな記事があります】

気が付いたら好調に&いまだ泥沼・・・

 しばらくモンテとエルフェンのウォッチングをさぼっていましたが、この辺で状況をまとめてみたいと思います。

 【いつの間にやら好調に】

 先月、今年のモンテもきつそうだというテキストを挙げましたが、

おお、J3の影が・・・&引き続き、きっついです - otomeguの定点観測所(再開)

 なんと5月以降負けなし! ほんとかよ。このところ引き分けを挟む5連勝で、5位まで順位を上げてきました。

Jリーグ順位表 | モンテディオ山形 オフィシャルサイト

 J1に昇格した2014年も、シーズン中の戦いはあまり上位に顔を出すことなく、やっとPOに引っかかった後、神がかり的にPOを勝ち上がっての昇格でした。そのことを考えると、本当に久しぶりにJ2の上位で戦えているということになります。

www.youtube.com

www.youtube.com

 フロントや山形県に関することを書くと不快になるので控えましょう。

 とにかく守備が安定し、後半の終了間際や延長戦になっても集中を切らさず、持ちこたえられているのが一番大きいですね。GK児玉が安定し、ディフェンスラインが粘り強く機能し、中盤でのハイプレスも途切れることなくかけ続けられています。そして、数少ないカウンターからのチャンスを何とかものにして、接戦を勝ち抜いています。

 コンパクトな粘りの守備からカウンターをかけ、少ないチャンスをものにしながら泥臭く勝っていくというのが、本来モンテが行うべき伝統のスタイルです。それが久しぶりに機能している感があります。そして、勝てば官軍とはよく言ったものですが、勝つことでチームの雰囲気が上向き、歯車がよく噛み合っています。こんな気持ちのいいモンテの姿を観るのは何年ぶりでしょう。

 とはいえ、このまま勝ち続けるような突出した戦力があるわけではないのは、選手もフロントもサポーターも分かっているはずです。長期的な視野で優勝や上位進出をにらみながらシーズンを戦い抜けるチームではありません。とにかく目の前の試合を必死に戦い、勝ち点を稼げるうちにできるだけ稼いで、走っていくしかありません。次はホームの2連戦で、徳島・町田と迎え討ちます。ここで勝ち点6を稼ぎ、貯金を作りましょう。

 

【いまだ泥沼。出口見えず】

 好調なモンテに対し、エルフェンは予想通りとはいえ、極めて厳しい戦いを強いられています。なでしこリーグのシーズンは5月で一時中断しましたが、結局、リーグ戦は5月3日に1勝を挙げたのみで、勝ち点4の最下位に低迷したままシーズン前半を終えました。

 やはりチーム力ではどうしてもリーグ最弱の戦力になるので、苦しい戦いが続いています。上位チームには手も足も出ていません。それでも、中下位のチームとの試合では勝ち目の要素も見えるので、希望を捨てずに進むしかないと思います。

順位表 | 日本女子サッカーリーグ オフィシャルサイト | なでしこリーグ

 最下位の10位だと2部に自動降格、9位だと2部で2位だったチームとの入れ替え戦になります。幸い(?)、9位の伊賀も不調で勝ち点5、8位の新潟も苦戦していて勝ち点8と、まだまだ射程距離にあります。

 リーグ後半再開後、伊賀・新潟と降格争いのライバルとの戦いが続きます。まずはカップ戦で伊賀を叩いて、その勢いで8月末に連勝できれば、十分に残留の芽は出てくるはずです。がんばってほしいものです。

試合日程|ちふれASエルフェン埼玉