otomeguの定点観測所(再開)

文芸評論・表象文化論・現代思想・社会科・国語表現・サイエンス・スポーツ観戦・性文化・料理・お酒 【一部、性的に過激で頭のおかしな記事があります】

2017年極私的回顧その13 コミック(18禁)

 それでは極私的回顧13弾はコミック(18禁)でございます。各種サイトのレビューなどを参考にテキストをまとめております。なお、もう予想もついている方もいらっしゃるかと思いますが、今回のテキストは極めて小児性愛成分の強い非人道的なものとなります。その手の趣向を許容できない方が読んで不快感を覚えても責任は取りませんので、あしからず。

 

otomegu06.hateblo.jp

 

【マイベスト5】

1、下校時刻にヤりました。

book.dmm.co.jp

otomegu06.hateblo.jp

 2017年、18禁コミックで最も興奮したのがこの作品でした。ご存知の方はご存知の通り、私が最も好むのは子供同士の天真爛漫なセックスであり、無毛または和毛のおちんちんとおまんこの交合、つるつるおちんちんとつるつるワレメの交合です。しかし、大人の野太いペニスを小学生のヴァギナに突っ込むアンバランスな交合でも大いに興奮できたので、生理的な昂揚に抗うことなく1位に持ってきました。

 当ブログではすでにレビュー済みなので、以下、再掲します。

 今や《COMIC LO》の主力作家の1人となった、チグチミリ。《LO》だけでなく、現在の日本のロリータコミックのフロントランナーの1人といっていいでしょう。その2冊目の単行本が出ました。オビに「たいへんシコれました。」「オナニーローテへの登板率が異常」「シコリティ」など不謹慎なあおり文句が躍っております。また、上のリンク先でもビッチ小学生のエロさが絶賛されています。
 SEXを求める小学生の直球の欲望、レイプや輪姦でさえ甘い雰囲気に仕立てる和姦の描写のうまさ、こどもぱんつや成長しかけの輪郭など小学生の柔らかでロリぷにな肉体、小学生たちが無毛の性器を使って行う諸々の(こどもぱんつ、つるつるのたてすじ、ぐしょぬれ、くぱあなどの)セックスアピール、SEXのシチュの引き出しの多さなどなど。ロリ&ペド・オタの琴線と妄想を刺激するチグチミリの破壊力は抜群です。少女たちがランドセルを背負っていることに興奮する方であれば、間違いなく「買い」だといえる作品です。
 へたな恋愛要素を入れることなく、女児に主導権を握らせて明るく楽しいセックスを行わせることで、ロリータコミックにつきものの背徳感が拭い去られています。子供たちの性欲が前面に出ているのは実に清々しく爽やかな印象です。前回の単行本『ショーゴビート』よりも間違いなくレベルアップしていて、早くも2017年度のベスト候補の1つが出てきたという印象です。

 とはいえ、ご存知の方はご存知の通り、私が最も興奮するのはロリ&ショタのシチュであり、無毛または和毛のおちんちんとおまんこが交わる少年少女の天真爛漫なセックスです。その点でいくと、お勧めの短編はやはり「TOUGH BOYISH」ですね。姉弟の近親相姦を描いた短編で、おね×ショタの雰囲気が私好みです。チグチミリの作品でショタ描写は少ないんですが、この短編において無毛のおちんちんが醸し出すエロスと、男の子のアヘ顔の威力は、なかなか堂に入ったものです。
 もう1本のロリ&ショタ短編が「チェンジ・ザ・ワイルド」。既にヤりまくっている小6どうしのお話です。ただし、女の子はロリビッチとして堂々と描かれているのですが、男の子のショタ=おちんちん成分にかわいさが足りず、いささか消化不良の出来になっています。回想で出てくる小4の初体験の話をメインで描いてくれれば、ロリ&ショタものとしていい作品になったと思うんですが。
 特殊な圏域になりますが、できればロリ&ショタ路線の作品も増えていってくれると嬉しいです。

book.dmm.co.jp

 

2、メスガキだけど発育いいのでザーメン教育してみた

book.dmm.co.jp

 小学生とのセックスは和姦が基本ですが、嫌がる少女にペニスを突き立てるロリレイプ・凌辱も欠かしてはいけないものです。現在、ロリレイプにおいて最も興奮できるシチュを構築してくるのが彦馬ヒロユキでしょう。レイプ・凌辱といっても甘口からハードまで様々ですが、ほぼあらゆるシチュをハイレベルに描き切れるところが素晴らしいです。

 絶頂に失禁が重なって、ザーメンと愛液とおしっこまみれになった少女の姿は非常に美しいものです。行為後の少女たちの満足したアヘ顔には、清々しささえ漂います。性に無垢な少女をエロく調教していく愉楽は我々ロリオタに与えられた特権です。ザーメンに温かな愛情を込め、ねっとりと少女たちをかわいがってあげましょう。

 

3、綺堂無一

「綺堂無一」のプロフィール [pixiv]

無一さんのエロ画像マイページ | ニジ

綺堂無一@原稿厨 (@kidoumuichi) | Twitter

f:id:otomegu06:20180123023140j:plain

f:id:otomegu06:20180123023300j:plain

 まだあまり商業ベースに乗っていない作家さんですが、私の好みに直球でストライクを投げ込むロリ&ショタを専門とする方です。2014年から同人活動および商業活動をしています。既に《COMIC LO》などにいくつか短編も載っていますが、まだまだ力不足の点も見られます。これからの成長に期待したいと思います。そろそろ短編もたまっているので、今年あたり単行本が出てくるのではないかと思います。

 

4、境界性少年

book.dmm.co.jp

 おちんちん成分の補填に参りましょう。これまでの男の娘作品はロリの疑似消費的な側面があり、男の娘のアナルとロリのヴァギナがアイコンとして類似している、というのが私の見解でしたが、2016年あたりからBLのごとくホモ同士のSEXを前提とした作品も増えてきました。ロリ成分を取り払ってホモ側に寄せることによる成功例も失敗例もありますが、2017年の成功例の最右翼はこの作品でしょう。ホモ側に寄せつつもショタの魅力をきちんと残しており、第二次性徴に目覚めたばかりで精通前の男の娘を性の快感に染めて調教する愉楽を味わうことができます。もちろん私はホモで全然OKです。いいぞ、もっとやれ。

 

5、ボクはキミのメス化ノジョ メスイキ少年大百科

book.dmm.co.jp

book.dmm.co.jp

 おちんちん成分その2。2016年の本もありますが、併せて載せちゃいます。こちらは従来型の男の娘に対する欲望を追求した作品の、極北の1つといえるでしょう。疑似ロリである男の娘をメス化させ、いちゃラブのSEXに持ち込んでハッピーエンドを迎えるという、極めて都合のいい物語群です。犯す側に回るか犯される側に回るかですが、こんなメスショタマンガを手に取るようなロリ&ショタ・オタの欲望は、ろくでもないものとだいたい決まっています。犯すにせよ犯されるにせよ、早々にメスショタに感情移入して堕ちてしまうのが吉でしょう。

 

【2017年とりあえず総括】

 またギャルゲーの項でも触れますが、2017年はロリゲーがほとんどリリースされなかったため、幼分補給の主戦場はコミックとなりました。我々小児性愛者に対する包囲網がさらに厳しさを増していますが、規制をはね返すかのようにロリコミもショタコミも元気で、コミックではつるつるワレメとつるつるおちんちんをたっぷりと味わうことができた1年でした。特に、心地よく変態なショタ作品にたくさん触れることができました。ありがとう、好色少年。

book.dmm.co.jp

book.dmm.co.jp

 あとは商業ベースで子供同士のセックスが安定して供給されればいうことなしなんですが、難しいでしょうねえ。綺堂無一の3位は客観的な実力評価というより、私のロリ&ショタの好みを反映させた結果です。商業の単行本まで行ってほしいですが、そこまで伸びていくかどうか。

 最後は定型文で締めましょう。Yes,ロリショタ。No,タッチ。この原則を遵守しながら、2018年も私は幼い子供たちを愛で続けることを誓います。