otomeguの定点観測所(再開)

文芸評論・表象文化論・現代思想・社会科・国語表現・サイエンス・スポーツ観戦・性文化・料理・お酒 【一部、性的に過激で頭のおかしな記事があります】

W杯2018 ロシアVSサウジ⇒どこかの国も同じようにやられそうだなあ・・・

 W杯開幕戦、仕事から帰って途中から見ていましたが、どうにもわが日本代表とシンクロする意識が止まりませんでした。

 

russia2018.yahoo.co.jp

www.youtube.com

 パスをつないでくるサウジに対し、事前のドイツ戦をスカウティングしていたロシアは分かりやすい対策に出てきましたね。マンマークをびっしりつけてパスの出所を封じ、サウジ陣内でゆるゆると回させておいて、スキを見つけてショートカウンター。サウジがやすやすとゴールを奪われるのを見て、日本代表がやられる姿を想像してしまいました。

 ロシアはピーキングをうまく持ってきた印象ですね。欧州の中ではそこまで強いチームだとは思いませんが、それでもこの程度はできるということです。これが欧州とアジアの差ですかね。ディフェンスラインからパスをつないでビルドアップするやり方は、アジアでは通用しても、他の大陸勢はやすやすと封じることができる。当たり前のことを再認識させられました。

 それでもサウジはひどかったというか無策すぎだろ。かつてドイツにぼこぼこにされた試合もありましたが、後半は完全に集中力が切れていました。それでも終了間際の2失点は余計です。これでサウジはグループAの草刈り場確定ですね。サウジの皆様、後はロシア観光を楽しんでください。

 いや、他国を揶揄できる状況ではないか。日本とサウジのチーム力はそんなに変わらないはずだし、監督交代で混乱している状況も同じです。パラグアイ戦後、妙な多幸感に浮かれているように見えるオナニージャパンがサウジ同様ボコられる可能性も大いにありますね。

 さてどうなることやら・・・。