otomeguの定点観測所(再開)

文芸評論・表象文化論・現代思想・社会科・国語表現・サイエンス・スポーツ観戦・性文化・料理・お酒 【一部、性的に過激で頭のおかしな記事があります】

W杯2018 日本VSコロンビア⇒ようやく景気浮揚のときが・・・

 仕事の関係で生観戦できなかったので、日本VSコロンビア戦を帰宅して録画したものをチェックしました。大きな大きな白星を手にしましたね。まずはこの勝利を心から喜びたいと思います。毎度毎度の遅ればせですが、コメントをまとめます。あくまでお祝いモードで甘々の評価ですがあしからず。

 【ピーキングの成功とはまった展開】

www.youtube.com

russia2018.yahoo.co.jp

 開始3分のレッドカードが全てでしたね。コロンビアの不用意なレッドカードからPKを得て、日本がラッキーな形で先制。そして、コロンビアがやむなくクアドラードを下げたことでコロンビアの攻撃のバリエーションが減り、日本のセカンドプレスが有効に機能する流れが生み出されました。それでも前半はコロンビアが縦に速い攻撃を見せて日本を押し、前半39分に同点のFKを決められ、1対1で前半を折り返しました。

 しかし、後半はコロンビアがピークの状態でなかったことが幸いしました。数的優位の状況をとらえて運動量に勝る日本がポゼッションで優位に立つと、コロンビアがじわじわ後退。広く空いたスペースを有効に使い、日本が縦横に走り回る展開に。こんな気持ちのいい日本代表を見たのは久しぶりですね。そして、後半28分に本田のCKから大迫が合わせて逆転ゴール。全盛時のキレこそありませんが、本田もようやく仕事ができるレベルまで状態を戻してきたようです。

 最後、コロンビアが攻めてくる場面もありましたが、きっちりとしのぎ切り、日本が貴重な勝ち点3を手にしました。コロンビアはハメス・ロドリゲスを筆頭に明らかにピークの状態ではなかったですし、開始3分の退場があったことも大きいですが、W杯は結果が全て。前回大会で失敗したピーキングを成功させ、チームとして一体となった日本がつかんだ歴史的勝利となりました。ここまで幸運が重なると、この試合で勝負運を使い切ってしまったようで、何だか怖くなります。

 このブログでは現代表チームを散々揶揄してきましたし、ハリル解任に伴う日本協会の腐れ体質をおちょくる気持ちも変わりはありませんが、まずは素直にこの勝利を喜びたいと思います。選手の皆さん、西野監督、お疲れ様でした。

 せっかくのW杯ですから、景気のいいことを吹いてみましょう。

 コロンビアからの勝利が「金星」と報じられています。確かにアップセットであることは間違いないですが、本来、日本代表はアフリカのトップクラスやヨーロッパ・南米の中堅国とは互角に戦えるはずのチームですし、そうでなければならないチームです。そして、親善試合であろうがW杯本番であろうが、ドイツやブラジルなどの強国を含むすべての国から勝利をもぎ取る可能性・ポテンシャルを秘めたチームです。日本代表がようやくあるべき姿に戻りつつあるということです。

 ブラジルW杯以降、過剰な閉塞感と停滞感に覆われていましたが、今回の勝利でネガティブなムードが吹き飛び、日本とアジアのサッカーが活性化することを願いましょう。日本だけでなく、他のアジアのチームにも勇気を与える勝利となったことでしょう。日本を、アジアのサッカーをなめるなよ。日本がこれだけやれるのだから、イランも韓国もオーストラリアもやれます。サウジは無理ですが。

 さて、お祝いムードはこれくらいにして、次に目を向けましょう。まだまだセネガルポーランドと難敵が控えています。初戦を勝ってもグループリーグで敗退したのでは意味がありません。強気にかつ冷静に、サポーターとして全力で代表チームの背中を押したいと思います。

 いやー、やっと代表関連でポジティブなテキストを書くことができました。これまでたまりにたまっていたうっぷんが少しだけ晴れました。でも、まだ不十分です。問題はここから。次のアップセットにも大いに期待しつつ、今回の勝利はラッキーパンチととらえて気合いを入れ直すくらいでちょうどいいのでしょう。実際、ラッキーパンチだしなあ・・・。