otomeguの定点観測所(再開)

文芸評論・表象文化論・現代思想・社会科・国語表現・サイエンス・スポーツ観戦・性文化・料理・お酒 【一部、性的に過激で頭のおかしな記事があります】

モンテとエルフェン、7月の現状

 サッカーワールドカップにかまけている間に、すっかり国内サッカーのチェックがおろそかになっていました。とりあえず、我が偏愛の2チーム、モンテディオ山形とASエルフェン埼玉の現状について、簡単ですが覚え書きとしてまとめておきます。

 【モンテ⇒15日は敗れるも、それまで10試合負けなし】

www.youtube.com

www.montedioyamagata.jp

www.montedioyamagata.jp

 15日、モンテはアウェイの栃木グリーンスタジアム栃木SCと対戦しました。ホームの栃木が押し込む展開になり、モンテは全体に傍線となった試合でした。前半こそスコアレスでしのぎましたが、後半の64分、モンテの阪野と南が決定機を外した痛恨事の直後に、栃木に右サイドのクロスからヘッドで押し込まれて先制を許しました。そして、その後は防戦に回る展開。交代カードを切って攻撃に転じ、チャンスも作りましたが、残念ながら栃木ゴールを割ることはできず、0対1で敗戦。負けなしが10試合でストップし、5月3日以来の敗戦となりました。

 この2カ月、攻撃も守備も今一つ安定しないながらも、勝負強さを見せて何とかもたせてきましたが、ついに決壊してしまいましたね。まあ、いずれはくるものなので、切り替えて今週末21日のホームでのアルビレックス戦に臨んでくれればと思います。

www.montedioyamagata.jp

 PO圏内手前まで来ていた順位も2ケタの10位になってしまいましたが、今年もJ2は混戦なのでまだまだこれからです。まずはPO圏内の6位内に入れば、優勝争いも見えてくるくらい今年は勝ち点差がないので、焦らずつめていってほしいものです。しかし、近年のモンテは、一度失速すると悪い状態に入ってぼこぼこ黒星を重ねるイメージがあるので、まずは次のアルビレックス戦のホームで勝って、悪い流れを作らないことですね。補強もせっせと行っていますので、うまく機能してくれるといいんですが。

ブルーノ・ロペス選手加入のお知らせ | モンテディオ山形 オフィシャルサイト

田村友選手加入のお知らせ | モンテディオ山形 オフィシャルサイト

 

【エルフェン⇒極めて厳しかった前半戦】

info.as-elfen.or.jp

順位表 | 日本女子サッカーリーグ オフィシャルサイト | なでしこリーグ

 さて、なでしこリーグは前半戦が終わり、恒例の夏休み。次戦は9月1日となります。なでしこジャパンは遠征も予定されています。

 エルフェンは極めて厳しい前半戦でした。2部リーグで迎えた今年、1年での1部復帰が目標であり、下馬評では当然ながら優勝候補の一角に挙げられていました。しかし、蓋を開けてみると、戦力的に今一つだったり、ディフェンスなどの戦術やシステムが今一つ定まらなかったり、他チームに徹底的にマークされて思うように試合が運べなかったり、苦戦の連続でした。首位・伊賀とは勝ち点10差の7位で前半を終えました。うーん、まさかここまで苦しむとは予想外でした。

 リーグカップも3勝1分け4敗と黒星先行に終わり、Aグループ4位。カップ戦での立て直しもままならず、2部リーグでの成績としてはチーム史上最低の状態に陥っています。書いていて、どんどん気が重くなってくる・・・。

 この中断期間にどこまで立て直せるのか、選手にもスタッフにもとにかく必死こいてやってもらって、少しでもチーム状態を上げてもらうしかないですね。ブログのコメントだと菅澤監督が精神的な甘さを強調していましたが、女子チームの監督は初めての人ですからね。女の子たちとうまくやれているのか、女の子たちのメンタルをうまく把握できているのか、やや心配です。

 まあ、サポーターとしては秋からの反攻を信じて見守るのみですね。