otomeguの定点観測所(再開)

文芸評論・文化評論・思想・社会科・国語表現・性文化・スポーツ観戦・科学・飲み食い・与太話 【一部、性的に過激で頭のおかしな記事があります】

おお、J3の影が・・・&引き続き、きっついです

 こちらも既報ですが、モンテディオがホームでグランパスと引き分けました。

【よー引き分けた】 

www.youtube.com

www.montedioyamagata.jp

 ホームゲームであることを考えるとあわよくば勝ち点3を・・・と思ってしまいますが、相手はグランパスです。戦力差・実力差を考えると、スコアレスドローで勝ち点1なら及第点とするべきでしょう。

 この試合のモンテは久しぶりにファイトあふれるプレーでした。前半は両サイドからグランパスのゴールを脅かし、特に荒堀が積極的でした。試合の中でハイプレスが機能し、格上相手に通用したことは大きな収穫になったことでしょう。後半はグランパスが押し戻し、一進一退の展開でしたが、粘りの守備で何とか引き分けに持ち込みました。格上相手に押し気味の試合ができたこと、そして守備陣が失点しなかったことは高く評価できるでしょう。この試合のようなテンションで毎回プレーしてくれれば、もう少し順位が上に行くと思うんですが。

 この試合だけ見ると、モンテはよく健闘しました。しかし、結局は勝ち点1しか取れず、J2の順位は16位に下がりました。今年もJ3降格ラインが見えてきてしまいました。昨年以上の低迷に入っております・・・。山形県が介入してフロントを無能化し、現場の足を引っ張る構図は今年も変わっていません。

 もろもろのマイナス要因を払拭するためには、とにかく勝つしかありません。次戦はアウェーで金沢ですが、なんとか勝ち点3をもぎ取りたいものです。

 

【トンネルの出口が見えねえ・・・】

 さて、エルフェン埼玉ですが、GWの5月3日、記念すべき今季初勝利を挙げました。長かった…。

www.youtube.com

info.as-elfen.or.jp

http://match.nadeshikoleague.jp/2017/nadeshiko1/match_report/m28.pdf

 しかし、これで状況が好転するかと思いきや、5月7日には浦和に7対0とぼこぼこにされ、大敗しました。途中から総崩れになっていたようなので、完全な力負けで気合い負けのようです。うーむ・・・。当然ながら最下位に沈んでおり、極めて厳しい道のりが続き、トンネルの出口がまだ見えていません。

info.as-elfen.or.jp

http://match.nadeshikoleague.jp/2017/nadeshiko1/match_report/m33.pdf

 次戦に向けてファンも切り替えるしかありません。次のホームゲームは観に行く予定なので、何とか勝利を祈りたいと思います。