otomeguの定点観測所(再開)

文芸評論・表象文化論・現代思想・クィア文化・社会科・国語表現・科学コミュニケーション・初等数理・スポーツ観戦・お酒・料理【性的に過激な記事あり】

2020極私的回顧その5 モンテディオ山形

 しばらく更新の間が開いてしまいましたが、今回の回顧はわが偏愛するモンテディオ山形です。

【良くも悪くもモンテらしいシーズン】

2019極私的回顧その5 モンテディオ山形 - otomeguの定点観測所(再開)

2018極私的回顧《スポーツ》⑤ モンテディオ山形 - otomeguの定点観測所(再開)

2017年極私的回顧《スポーツ》④ モンテディオ山形 - otomeguの定点観測所(再開)

2016極私的回顧プレ② モンテディオ山形 - otomeguの定点観測所(再開)

 昨年、6位とはいえ優勝争いを演じ、久々に昇格POまでいったモンテ。今年は昨年の勢いにさらに弾みをつけて優勝、そしてJ1昇格へと行きたかったところ。実際、戦力的にはJ2上位で戦うメンツがそろっていたと思います。守備陣は多くがチームに残り、2019年に安定していた守備構築は2020年も続く感じがしましたし、アラウージョを筆頭に攻撃陣でいい補強をしたので、石丸新監督がこのメンツをどう料理するのか。シーズン前は明るい見通しも持っていました。

【モンテディオ山形】2020移籍・スタメン・戦力分析(3/2時点) - 山田記

ジュビロ磐田vs山形2020Jリーグ開幕予想スタメン!フォーメーションはこれだ! | CENTER CIRCLE

 しかし、そこでなかなかうまくいかないのがモンテディオ・・・といってしまえばそれまでですが。昨年安定していた3-4-2-1のフォーメーションで臨んだ開幕戦。セットプレーからの不用意な失点が響き、後半はギアを挙げて攻めにかかったものの、2対0で敗戦。後に引きずりそうな、後味の悪い敗戦でした。


2020明治安田生命J2 第1節 モンテディオ山形vs.ジュビロ磐田 ハイライト動画

 その後、コロナでシーズンが中断。3か月ぶりの再開となった栃木戦を勝利して勢いに乗るかと思われましたが、


2020明治安田生命J2 第2節 モンテディオ山形vs.栃木SC ハイライト動画

 しかし、ここからなかなか勝ち星を拾えなくなりました。守備ブロックは何とか踏ん張っていたと思いますが、とにかく点が取れない。決定力不足という積年の課題はやはり今年も付きまとっていました。シーズン前に補強したはずだったんだが。前線のプレスが効かない、セットプレーの精度が低い、シュートの精度が低い、決定機にFWが肝心のポジションにいない、2列目でだらだらとボールを回す・・・、書いていったらきりがありませんが、フラストレーションがたまる試合が続きました。その果てに、8月2日の徳島戦で3試合連続ノーゴールの惨状に。トンネルの出口が見えない気分でした。


2020明治安田生命J2 第9節 モンテディオ山形vs.徳島ヴォルティス ハイライト動画

 光明が見えたのが8月8日の京都戦。4バックにした守備陣はピーター・ウタカに4点決められるという失態を演じましたが、4-4-2となったことで攻撃の形がうまく作れるようになり、3点をもぎとりました。点の取り合いに競り負けたものの、攻撃について見通しの立った一戦となりました。


2020明治安田生命J2 第10節 モンテディオ山形vs.京都サンガF.C. ハイライト動画

 次戦の愛媛、長崎と連続と零封して守備陣も安定し、8月のモンテはじわじわ順位を上げていきます。しかし、9月に入るとまた点が取れなくなり、順位も降下。守備陣が粘りながらも1点差で競り負ける試合が続きます。特に今年の力の差を痛感したのが、9月19日の北九州戦でした。立ち上がりから押され気味となった試合は、6分にあっさりと決められるとそのまま北九州ペースに。後半はモンテも反撃に転じましたが、終盤に堅実に1点を追加した北九州は、ゴール前を閉じてモンテを零封。チーム状態の差が如実に表れた試合でした。


2020明治安田生命J2 第20節 モンテディオ山形vs.ギラヴァンツ北九州 ハイライト動画

 結局、優勝戦線には程遠い17位で前半を折り返すことになりました。

 しかし、後半戦、不調だった攻撃陣が息を吹き返します。きっかけになったのは、9月30日の群馬戦でした。群馬は仕事の関係者がかかわっているチームなので複雑な思いもありましたが、後半は早いプレスで相手の動きをつぶしつつ、アーリークロスからチャンスを量産して、4対1で久しぶりの会心の勝利。前半の間延びした守備には課題があったものの、全体にハードワークをやり切ってくれて、今季初めていいモンテの姿を見たような気がしました。


2020明治安田生命J2 第23節 モンテディオ山形vs.ザスパクサツ群馬 ハイライト動画

 その後、チームは勢いに乗って順位を着々と上げていきます。11月1日の京都戦のような完敗もありましたが、


2020明治安田生命J2 第30節 モンテディオ山形vs.京都サンガF.C. ハイライト動画

 ヴェルディや千葉相手ようなのスカッとした大勝もありましたし、


2020明治安田生命J2 第29節 モンテディオ山形vs.東京ヴェルディ ハイライト動画


2020明治安田生命J2 第32節 モンテディオ山形vs.ジェフユナイテッド千葉 ハイライト動画

 点の取り合いをしぶとく制した大宮や町田戦のような試合もあり、全体に攻守がかみ合って面白いゲームが多かったと思います。これが夏に出ていればまた順位も違ったのでしょうが。


2020明治安田生命J2 第33節 モンテディオ山形vs.大宮アルディージャ ハイライト動画


2020明治安田生命J2 第38節 モンテディオ山形vs.FC町田ゼルビア ハイライト動画

 その一方で、徳島、長崎、北九州といった上位のチームには攻撃陣が封じられて完敗を喫しており、シーズン後半に調子が良くなったとはいえ、やはりJ2上位でやりあうまでには至らなかったという印象です。


2020明治安田生命J2 第34節 モンテディオ山形vs.徳島ヴォルティス ハイライト動画


2020明治安田生命J2 第39節 モンテディオ山形vs.V・ファーレン長崎 ハイライト動画


2020明治安田生命J2 第41節 モンテディオ山形vs.ギラヴァンツ北九州 ハイライト動画

 最終的には後半大きく順位を上げて7位で終了。前半から安定して戦えていれば・・・という悔いを残すシーズンになりました。2019年は後半に失速して6位、2020年は前半で大きく出遅れて7位。勢いに乗るとJ2上位の力を発揮するものの、シーズンを通して出来・不出来の差が大きい。積年の課題はまた来年に持ち越されたという印象です。

 やはり1年通した安定したパフォーマンスを維持できなければ、リーグ上位にとどまることはできません。来年こそは・・・と、例年と同じような思いを抱きつつ、2020年の回顧を終えたいと思います。